1. TOP
  2. 子どもが急に起きられなくなった原因とは?

子どもが急に起きられなくなった原因とは?

未分類 この記事は約 3 分で読めます。

今までは、規則正しく起きていた子どもがいきなり朝起きられなくなったというとき、何が起こったのかわからず混乱をしてしまう方もいるでしょう。

これまでのことを考えれば、学校をサボるために起きてこないというのとは、違うとわかるはずです。では何が起きているのかと原因を探っていけば、可能性のひとつとして起立性調節障害やストレスが考えられます。

起立性調節障害という言葉に耳馴染みがない人もいるかもしれませんが、この病気は重症化すれば外出することも出来ず、日常生活に大きな影響を与えかねない病気です。

一体子供の体に何が起きているのかというと、立ち上がったときに重力の力で血液が下に落ちてしまい、脳などに血液が届かなくなっているのです。健康な人であれば、寝ている状態から起き上がるときに重力で血液が下に溜まってしまうとしても、血管が収縮して血圧を高め勢い良く上まで血液が運ばれていきます。

ところが、起立性調節障害では、血管の収縮をコントロールしている交感神経が働かないのです。

血液が脳に届かなければ、目眩など、いわゆる貧血の症状が出てきてしまいますし、体中に酸素が回らなくなって体を少し動かしただけで疲労困憊の状態です。

しかも血圧が高くならないということを受けて、血の流れを勢いづけようと心臓は普段よりも早く動きます。

これを代償性頻脈という状態です代償性頻脈は、激しい動悸と息切れを引き起こし、更に状態を悪化させます。

このような状態で起きることは容易ではありません。

 

なぜ、起立性調節障害が起きてしまうのかというと、子供の場合には学校や家庭で蓄積されるストレスが、最も考えられることです。

成長していく過程で、社会の中で生きていくことの難しさを学び、時には挫折をすることもあります。

大人になれば、どうすれば心の負担を減らすことが出来るのかを考える事ができますが、まだ子供だとそういう処世術が身についていません。

それに、体がどんどんと大人になっていくのに、その変化に自律神経が追いついていかず、その差が起立性調節障害を引き起こしてまうこともあります。

多くの子供は、多かれ少なかれこのようなストレスを抱えて、毎日を過ごしているので、起立性調節障害になる可能性を秘めているのです。

ただ、朝に起きられないというのは、いろいろな問題が出てくるので親の助けが必要です。

 

 

起立性調節障害は親と学校が理解することが第一

では、親は何をすればよいのかということで考えることは2つあります。

起立性調節障害の原因を取り除くための手助けをしてやすることと、治るまでに遅刻や不登校になってしまった時に学校と連携していくということです。

無理強いをして学校に行かせれば、余計にストレスとなりますから子供が力を抜いて学校に行けるようにしましょう。そして血圧が上がるように食事を摂らせたり、上がらない血圧の代わりに負荷かかる着圧式の靴下などを履かせてみる、医者で薬を処方してもらうと言った取り組みが有効です。

学校に対しては、病気のことを理解してもらうのは大変かもしれませんが、時間をずらして登校することの許可を得たり、保健室登校などのストレスのかからない通学方法を探してみるという方法があります。

文責 : 起立性調節障害治療.com|全日本心健会

\ SNSでシェアしよう! /

起立性調節障害の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

起立性調節障害の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
抗ストレス効果、リラックス効果が認められているL-テアニンが配合された日本初の起立性調節障害サプリ
起立性調節障害サプリメント「キリツテイン」は日本で初めて起立性調節障害の改善を目的に作られたサプリメントです。

主成分であるL-テアニンには睡眠の質を向上させる効果や、自律神経失調症の原因にもなるストレスを緩和させる効果があります。

自宅で始める起立性調節障害治療に一つとして取り入れてみませんか?
キリツテインについて書いた記事はこちら

関連記事

  • 朝起きられないこと不登校につながる可能性とは

  • 病院で行われる起立性調節障害の診断方法

  • 朝起きられないのはうつ病のせい?うつ病以外に隠れた起きられない病気とは?

  • 朝起きられないこどもの6つの起こし方

  • 漢方で起立性調節障害は良くなる?有効性が認められた4つの漢方を紹介しています。

  • メトリジンの効果と副作用とは?起立性調節障害とメトリジンについて