自律神経失調症と起立性調節障害の違いは少しわかりにくいため簡単に説明していきます。

自律神経失調症とは「なんとなく頭が痛い」「体がだるい」「慢性的な疲れ」などの体調が悪い自覚症状があるものの、検査をしても当てはまる病名がわからない不定愁訴のことを言います。

起立性調節障害は自律神経失調症が悪化することで引き起こす病気の一種です。

自律神経失調症と起立性調節障害の違いは、自律神経が失調している→起立性調節障害を引き起こすという原因と結果になります。

自律神経失調症は主にストレスが原因で引き起こされますが、生活習慣の乱れや環境の変化でも自律神経失調が引き起こされることもあります。

生まれつきストレス耐性が低い人は特に自律神経失調症にかかりやすいのも特徴です。

起立性調節障害が悪化しやすい人の特徴とは?

 

自分が自律神経失調症にかかりやすい体質かどうかはストレス耐性チェックで診断することができます。

有名な方法は「東邦メディカルインデックス」という方法があります。

質問数が多いので時間があるときに自分のストレス耐性をチェックしてみてください。

自律神経失調症診断チェック

文責 : 起立性調節障害治療.com|全日本心健会

コメントを残す